近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


偽近視

 

近視の種類の1つに偽近視があります。

 

 

あまり耳にしたことがないかもしれませんが、

 

「仮性近視」と言われれば、

 

ピンと来る人も少なくないでしょう。

 

 

実は「仮性近視」と言う言葉は、

 

医学的には使われていないのです。

 

 

眼科医の間では「偽近視」と言って、

 

本当の近視ではないことを指しています。

 

 

仮性近視も近視になりかけているイメージがありますよね?

 

同じ意味だと思ってください。

 

 

偽近視は、調節緊張とも呼ばれていて、

 

水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

一時的に緊張状態となり、視力が低下する状態です。

 

 

一時的なものですから、

 

「本当の近視ではない=偽近視」と言うわけですね。

 

 

この偽近視は、年齢の低い子供に多く見られます。

 

長時間目を使いすぎたことで、視力が低下するのですが、

 

しばらく目を休ませると視力が戻るのが特徴です。

 

 

学校の視力検査で見えにくいと言う結果が出て驚いた親御さんが、

 

「近視になりました!」といって眼科に行くと、

 

最初は偽近視かもしれないと言われるはずです。

 

 

目薬などを使った治療を行い視力が戻れば、

 

結果として「偽近視であった」ことになります。

 

 

ただし、最近ではこの偽近視は

 

「視力低下の初期症状」と言われています。

 

 

偽近視だからといって、何もしなければ

 

それが本当の近視に移行してしまうわけです。

 

 

ですから、本当の近視でないからと言って、

 

安心はできません。

 

 

大人に比べて子供に偽近視が多いのは、

 

子供の頃はメガネをかけさせたくないと思う親御さんが、

 

早めに対応しているからでしょうね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル