近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の予防法

 

「近視は予防できるのですか?」と言う質問を受けますが、

 

色々な点に気を配っていれば、予防できるかもしれません。

 

 

まず第一に、目の疲れをためないことです。

 

パソコンやゲーム、長時間の勉強など、

 

私たちの生活は、目に大きな負担をかけています。

 

 

ですが、生活をする上で、

 

目を使わないわけにはいきません。

 

 

何かを一生懸命すればするほど、

 

目にかかる負担が大きくなります。

 

 

ついつい熱中して、目が疲れたと感じることは多いでしょう。

 

そのときに、どれだけ目を休ませられるか、

 

ここが近視の予防ができるかどうかの分かれ目です。

 

 

また、目に負担をかけやすいものとして、

 

物を見るときの姿勢や、明るさなどがあります。

 

 

テレビや本を、ものすごく近い距離で覗き込むことはありませんか。

 

しかも、照明の位置が悪く、暗くなっていることは無いでしょうか。

 

どちらも目を酷使する原因です。

 

 

近視になるのは、水晶体の厚さを調整する

 

毛様体筋の働きが悪くなるためです。

 

 

目を酷使していると、この筋肉が緊張したままになり、

 

「コリ」が発生します。

 

 

目を休ませることは、

 

このコリを解消させることになるのです。

 

 

肩こりも、最初は軽い症状でも

 

悪化すれば頭痛などが起こります。

 

 

目も同じで、最初は軽いコリが進行すると

 

近視になってしまうのです。

 

 

パソコンやゲーム機などは、

 

できれば10分おきに休憩をするのが理想です。

 

 

難しい場合でも、最低1時間に10分程度の休憩をして、

 

遠くを見るなどして目をリラックスさせましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル