近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


私は中学生から近視で悩んでいました・・・

 

なんとなく黒板の文字がよく見えない、細かな字がぼやける、

 

これが私の近視の始まりでした。

 

 

私の父親が近視でしたから、

 

私もいつか目が悪くなるのだろうと覚悟はしていましたが、

 

実際に見えにくくなってくると、とても不便でした。

 

 

眼科を受診すると、

 

「メガネかコンタクトレンズで矯正しましょう」とのこと。

 

とりあえずメガネで見えるようにはなりました。

 

 

ですが、メガネと言うのは案外不便なのです。

 

まずよく見える部分が、レンズの範囲に制限されてしまうこと。

 

 

視界が狭くなってしまい、

 

スポーツをするときなどはすごく不便でした。

 

 

私はバレー部でしたが、メガネをかけたことで、

 

ボールに飛び込むことができなくなりました。

 

 

たかがメガネですが、

 

様々な行動を制限されてしまう不便さを実感しました。

 

 

その後もメガネとの付き合いは長く、

 

自分なりに視力回復法を探し挑戦したものの、

 

あまり効果はありませんでした。

 

 

しかも、働くようになってからは、

 

仕事でパソコンなどを使うことが増え、

 

ますます近視は進んでしまいました。

 

 

コンタクトレンズも使いましたが、

 

時間が長くなると目が痛くなるので、

 

結局はメガネに頼らざるを得ない状況でした。

 

 

レーシックも検討しましたが、リスクも大きいので、

 

何とか他の方法を・・・と毎日のように探していました。

 

 

近視を何とかしたい!

 

それだけだったのです。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル