近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


子供が近視になりやすいのは何故ですか?

 

近視になるのは、

 

その多くが子供のうちだと言われています。

 

 

最近では仕事でパソコンなどを使い、目を酷使してしまうことで、

 

大人になってからも近視になる人が増えていますが、

 

相変わらず子供の近視が多いのが現状です。

 

 

では、何故子供が近視になりやすいのでしょうか?

 

実は子供の目は、近視になりやすい状態にあるのです。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋の働きが、

 

うまくコントロールできないため、

 

調節機能がしっかり働かないのです。

 

 

筋肉の緊張も強くなりやすいため、

 

何かに夢中になって目を使いすぎると、

 

一時的に視力も低下します。

 

 

しばらく目を休ませれば、見えるようになるのですが、

 

この状態を「仮性近視」と言います。

 

 

仮性近視の状態なら、適切な治療をすれば近視は改善されますが、

 

そのままにしておくと本当の近視に移行してしまいます。

 

 

そして、眼軸の長さも、子供の近視に関係が深いのです。

 

子供の目は、成長とともに眼軸の長さも伸びていきます。

 

 

眼軸が伸びると入ってきた光を

 

網膜の手前で結ぶようになってしまうので、

 

近視になりやすいのです。

 

 

もともと子供の目は、

 

近視になりやすい状態だといってもいいでしょう。

 

 

ですから、子供のうちは、

 

近視にならないような工夫が大切なんですね。

 

 

また、親が近視である場合、

 

その子供も近視の遺伝子を持っている可能性が高いので、

 

普段から目に負担がかからないように心がけましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル