近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


親が近視だと必ず子供も近視になりますか?

 

近視は遺伝する可能性が極めて高いので、

 

親が近視の場合、その子供が近視になる可能性は高いはずです。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

ですが、近視は必ずしも遺伝するとは限りません。

 

 

親が近視なら必ず子供も近視になると言うのであれば、

 

もっと多くの子供が近視になっているはずですよね?

 

 

最近では、近視は遺伝以外の原因も指摘されています。

 

例えば、長時間のゲームやテレビ、

 

暗いところでの読書などは、目をかなり使っています。

 

 

近視は目を使いすぎて、水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

凝り固まるところから始まるので、

 

子供の時に近視になるケースが多いのです。

 

 

環境が近視に大きな影響を与えていることがわかりますよね?

 

 

ただし、親が近視であると、

 

その子供に近視の遺伝子があるのは事実です。

 

要は、その近視の遺伝子を活動させなければいいわけです。

 

 

ですから、親が近視の場合には、

 

できるだけ目を酷使させない環境を作りましょう。

 

 

ゲームを全くしないと言うのは無理でも、

 

一定時間の休憩をとって、目を休ませることが大切です。

 

 

近視の遺伝子を持っていても、それが活発化しなければ、

 

近視になることはありません。

 

 

また反対に、近視の遺伝子がなくても、目を酷使した状態が続くと、

 

近視になってしまい、その子供に遺伝子が残る可能性があります。

 

 

親が近視だと必ずその子供が近視になることはありませんが、

 

遺伝子が関係することは、頭に入れておきましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル