近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


片目だけ近視になることはありますか?

 

これはよくあるケースです。

 

 

私が子供のころは、

 

片方の目だけ視力が悪いことを

 

「ガチャ目」といっていました。

 

 

近視の場合、両目の視力が低下することがほとんどですよね。

 

物を見るときやテレビを観る、本を読むなどと言うときは、

 

両目とその物の距離は同じはずです。

 

 

ところが、何かを行うときの姿勢が悪いと、

 

片方の目だけに負担がかかります。

 

 

特に横になって本を読む、テレビを観ると言う姿勢は、

 

両目同時に見ているつもりでも、知らず知らずのうちに、

 

どちらかの目を使っていることが多いのです。

 

 

また、仕事で片目を閉じて作業をすると言う人も、

 

片目にかかる負担が大きいので、

 

よく使う目の視力が低下しやすくなります。

 

 

早めに気づいて対応すれば回復するはずですが、

 

仮性近視と同じく、そのままにしておくと、回復も難しいでしょう。

 

 

よく見えるほうの目に負担がかかり、

 

結果的には両目が悪くなってしまう人もいれば、

 

片目だけずっと悪い人もいます。

 

 

片目だけが近視の場合には、

 

コンタクトレンズで矯正することも可能ですが、

 

もしかしたら何らかの病気が絡んでいる可能性もあるので、

 

片目だけ視力が悪いときには、眼科受診をおススメします。

 

 

特に年齢の低い子供の場合には、片方の目の視力が弱いと、

 

その目を使わなくなり、弱視になることもあるので、

 

目の見え方には注意が必要です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル