近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の検査方法

 

物が見えにくくなるのが近視ですが、

 

いくつか検査方法があります。

 

 

学校や職場の健康診断では、

 

視力測定版による視力検査によって数値がわかります。

 

 

以前はひらがなを読むものもありましたが、

 

最近では、視力判定記号

 

(○の切れている部分を答えるもの)だけのものが主流です。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

この○が切れているような記号をランドルト環といって、

 

世界共通の記号なんです。

 

 

一定の離れた距離から、記号の切れている方向を答えて、

 

視力を測るわけですね。

 

 

中には、両目で機械を覗き込んで、

 

片目ずつ視力を測る機械もあります。

 

 

運転免許証の更新に行くと、そこで視力検査を行いますが、

 

あの機械を思い出してください。

 

 

そして、私もそうですが、0.1よりも見えない場合には、

 

手持ちの視力表を使います。

 

 

視力表の方向を変えて、0.1以下の視力を測るものです。

 

看護師さんがどんどん近づいてくると、

 

かなり見えていない証拠です。

 

 

これらが一般的な近視の検査方法ですが、

 

視力検査の結果が、必ず正しいわけではありません。

 

 

目の疲れ具合や、体調によっても視力は変わります。

 

子供の場合には、特にそれが顕著ですから、

 

詳しく検査をするには眼科を受診するのがベストです。

 

 

最近ではメガネ屋さんでも、視力検査ができますし、

 

その場でメガネを作ることも可能です。

 

 

ですが、あくまでもこれは簡単な検査ですから、

 

自分の矯正視力を正しく測るためにも、眼科受診をしましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル