近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視でもパイロットになれますか?

 

これは近視の程度によります。

 

 

パイロットと言うのは、

 

大勢の人を乗せて飛行機を操縦するわけですから、

 

健康状態には非常に厳しいチェックがあります。

 

 

もちろん、操縦する飛行機によっては、

 

その基準は緩やかになります。

 

 

事業用ヘリの操縦では、屈折度数が−4.0D以内で、

 

自家用ヘリでは−5.0D以内です。

 

 

旅客機の場合には、−0.25D以内ですから、

 

かなり基準は厳しいですね。

 

 

さらに、各眼の視力(矯正でもOK)が、

 

1.0以上であることが条件です。

 

 

もちろん視力だけでなく、

 

健康状態のチェックも厳しいですが。

 

 

航空会社によってその基準は若干違いますが、

 

どの会社でも健康であることが、

 

パイロットの最低条件ともいえるでしょう。

 

 

パイロットになりたいが、視力が気になると言う人は、

 

航空身体検査指定医療機関に行って、

 

第1種航空身体検査を受けてみるのがおススメです。

 

 

第1種航空身体検査では、遠見視力、近見視力、中距離視力など、

 

視力や目に関する様々な検査が行われます。

 

 

これらの検査を全てパスして、

 

身体検査は合格と言うことになります。

 

 

視力だけでなく、他の部分でも

 

健康には気を配っておきたいですね。

 

 

ちなみにレーシック手術を受けている人は、

 

気圧の変化で見え方に障害が出る可能性があるので、

 

パイロットにはなれません。

 

 

また光の入り方で見え方が変わることもあるため、

 

レーシック手術を受けるときには、必ず職業を聞かれるようです。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル