近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視が回復する食べ物はありますか?

 

「視力が回復する食べ物=目に良い食品」と言うことですね。

 

代表的なものはブルーベリーでしょうか。

 

 

テレビや雑誌などでも、

 

ブルーベリーに含まれている「アントシアニン」は、

 

目の疲れを取る成分として紹介されています。

 

 

アントシアニンには、

 

網膜の「ロドプシン」を再合成させる働きがあるのです。

 

 

だから、ブルーベリーサプリメントを使った人の感想では、

 

「目がはっきり見えるようになった」、

 

「疲れ目がなくなった」と言う内容が多いのです。

 

 

近視が回復すると言う確たる保証はないのですが、

 

目に良い食べ物であることは確かです。

 

 

その他には、鶏や豚、牛肉のレバーは、

 

目の細胞の新陳代謝を活発にする、

 

ビタミンAを多く含んでいます。

 

 

ブロッコリーやほうれん草には、

 

水晶体や網膜の酸化を防ぐルテインが含まれています。

 

 

さらに、乳製品や緑黄色野菜、海藻類に含まれているカルシウムは、

 

眼球の強膜をサポートする働きがあるのです。

 

 

大豆や豚肉、たらこなどには、

 

目から脳への神経伝達を正常に保つ働きがある、

 

ビタミンB1が含まれています。

 

 

まだまだ目に良い食べ物はたくさんありますが、

 

大切なことは、そればかりを摂るのではなくて、

 

バランスの良い食事心がけることです。

 

 

栄養が偏ってしまうと、目に良いはずの食べ物が、

 

違った意味で悪循環になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル