近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視と乱視の違いは何ですか?

 

近視と乱視は、根本的に違いがあります。

 

近視は、目に入ってくる光を網膜の手前で捉えてしまうため、

 

近くの物はよく見えますが、遠くの物はぼやけて見えにくいのが症状です。

 

 

それに対して乱視は、焦点の問題ではなく、

 

角膜の表面にゆがみが生じている状態です。

 

 

角膜の表面がゆがんでいると、ピントを合わせることができないので、

 

視界がぼやける、物が重なって見えると言う状態になってしまうのです。

 

 

どちらも見えにくさと言う点では同じなので、

 

乱視の始まりを近視だと勘違いする人もいますね。

 

 

ですが、眼球で起こっている状態は全く違うのです。

 

 

乱視の場合、常に物がぼやけているため、

 

水晶体は一生懸命ピンを合わせようと必死に動きます。

 

 

そのため、見えにくさに加えて、目の疲れも感じやすくなります。

 

乱視の人は眼精疲労が酷く、頭痛なども起こりやすいです。

 

 

目の筋肉が衰えていなければ、何とか調節することも可能ですが、

 

歳を取るにつれて筋力が低下するため、乱視が進行しやすくなります。

 

 

近視は老化と関係がありませんが、

 

乱視は老化との関係が深いのです。

 

 

最近では乱視の人でもレーシックを

 

受けられるような技術の進歩がありましたから、

 

乱視に悩んでいる人は、眼科で相談するといいでしょう。

 

 

近視か乱視、どちらかわからないと言う場合も、

 

眼科で調べてもらいましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル