近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視と仮性近視の違いは何ですか?

 

近視と仮性近視は、どちらも近視ではありますが、

 

医学的には仮性近視は「近視ではない」と言う扱いになっています。

 

 

医学用語でも、仮性近視のことは「偽近視」となっていますから、

 

近視ではないものと言う認識です。

 

 

ですから、近視と仮性近視の違いは、

 

近視と一時的な視力低下と言うことになります。

 

 

仮性近視は、一時的に視力が低下するものです。

 

そのため、見えにくさを感じたら、

 

しばらく目を休ませれば、視力が回復します。

 

 

子供の場合、近くの物を一生懸命見てしまうことで、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋が緊張状態になってしまいます。

 

 

近くで本を見る、ゲームに熱中するなど、子供の場合には、

 

つい夢中になって目を使ってしまうケースがほとんどです。

 

 

しかも、子供の場合には調節力が強く働くために、

 

一時的に視力が低下してしまいがちです。

 

 

学校の視力検査で、いきなり視力が悪くなっていても、

 

仮性近視の可能性が高いので、早めに治療をすれば治せるのです。

 

 

近視も絶対に治せないわけではありませんが、

 

仮性近視に比べると治りにくいといえるでしょう。

 

 

ただし、仮性近視がいくら近視ではないといっても、

 

そのままにしていて筋肉の緊張状態が続けば、

 

本当の近視に移行する確率が高くなります。

 

 

仮性近視だから大丈夫と安心するのではなく、

 

きちんと治療をして治してから安心するといいですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル