近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視と遠視の違いは何ですか?

 

近視と遠視は、文字通り見え方に違いがあります。

 

ですが、遠視は意外と間違ったイメージがあるようですね。

 

 

近視は、近くの物が見えやすく、

 

遠くの物は見えにくい状態です。

 

 

では遠視は遠くの物は見えやすく、

 

近くの物が見えにくい状態と思いがちですが、

 

実は違うんです。

 

 

遠視と言うのは、目に入ってくる光の焦点が、

 

網膜よりも奥で合うために、

 

近くも遠くも見えにくい状態なのです。

 

 

近視は、目に入っている光の焦点が網膜よりも手前で合うために、

 

近くはよく見えるけど、遠くは見えにくい状態になります。

 

 

ですから、近視と遠視に使われるレンズは、

 

全くタイプが違うものになるわけです。

 

 

遠視の人は、近くも遠くも見えにくいので、

 

水晶体がなんとしてでもピントを合わせようとします。

 

 

ですから、遠視の場合には近視の人よりもさらに、

 

目を酷使してしまう可能性が高いのです。

 

 

光がまぶしく感じる、肩こりや頭痛が多いと言うのも、

 

遠視の特徴ですね。

 

これは眼精疲労の症状と同じです。

 

 

よく、「遠視の人は老眼になりやすい」と言われますが、

 

そう言うことではなくて、老眼を感じる時期が、

 

近視や正常な視力の人よりも早いのです。

 

 

もともと近くや遠くの物が見えにくいので、

 

その変化に気づくのが早いのでしょう。

 

 

遠視も矯正方法としてはコンタクトレンズやメガネ、

 

レーシック手術などです。

 

 

眼精疲労の可能性を考えると、

 

遠視の人はしっかりと治療することが重要です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル