近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の人が年を取ると視力がよくなるのは本当ですか?

 

これもよく耳にしますね。

 

近視の人は歳を取ると老眼にならないなど。

 

 

ですが、近視の人が歳を取って老眼になっても、

 

視力は良くなりませんよ。

 

 

歳を取ると、これまで視力が良かった人は、

 

ピントが合わせにくくなります。

 

これが老眼(老視ともいいます)です。

 

 

近視の人と言うのは、既にピントが合わせにくくなっていて、

 

近くが特に見えにくい状態です。

 

 

老眼でもピントが合わなくなるので、

 

それが重なって意外にもピントが合い、

 

見えるようになるケースが多いのです。

 

 

そのために、老眼だと意識していない人や、

 

歳を取って目が良くなったと勘違いして、

 

「近視の人は歳を取ると視力が良くなる」

 

と言うイメージがあるのでしょう。

 

 

近視の人が老眼になった場合、

 

近くはよく見えますが遠くは見えにくくなります。

 

 

そこで、遠近両用メガネを使って、

 

どちらもよく見えるように矯正するわけです。

 

 

これまでのメガネが、

 

遠くを見るときに不便になったと言う人は、

 

老眼が始まった可能性があります。

 

 

生活をする中で、見え方に不便を感じたら、

 

早めにメガネなどを作り変えましょう。

 

 

老眼は加齢によってなる老化現象ですから、

 

誰もがなるはずです。

 

 

老眼だと気づかずにすむ人もいますが、

 

視力が良くなると言うのは思い違いですから、

 

「将来は目が良くなるかも〜」と言う期待は、

 

しないほうがいいですね(笑)。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル