近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視が悪化して失明することはありますか?

 

純粋な近視であれば、失明することはありません。

 

 

近視の場合には、目の中の水晶体の調節が

 

うまくいかずに起こるわけです。

 

 

水晶体は、レンズの役割を果たしているので、

 

レンズが曇ることはあっても、

 

全く写らなくなることはありません。

 

 

私も、0.01の視力になってしまったときは、

 

「もしかしてこのまま見えなくなるの?」と不安でしたが、

 

眼科の医師に「それはありませんよ」と笑われました。

 

 

確かに、ぼやけて見えないですが、

 

明るさはしっかりと感じましたし。

 

 

ただし、そのときに医師に言われたことは

 

「強度の近視で失明することはないものの、

 

強度の近視が原因でかかってしまう病気は、

 

失明する可能性はある」と言うものです。

 

 

失明する病気とは、網膜剥離のことです。

 

網膜は、目の中のフィルムの役割を果たしているので、

 

これがはがれてしまうと見えなくなってしまいます。

 

 

さらに、強度の近視の人は、

 

網膜がはがれやすい状態になっているので、

 

網膜剥離を起こしやすいのです。

 

 

近視だけでは失明しないと言われても、

 

こう言うことを聞くと、ちょっと怖いですよね?

 

 

強度近視の人は、他の目の病気も引き起こしやすいので、

 

常に見え方を気にして、目に負担のかからない生活を

 

心がけることが大切です。

 

 

また、近視ではない人が、

 

いきなり視力が低下した場合にも、

 

網膜剥離が疑われます。

 

 

ですので、視力の低下には他の病気が絡んでいることも、

 

頭に入れておいたほうがいいですよ。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル