近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の進行が止まるコンタクトレンズがあるのは本当ですか?

 

このことは一時期ネットで話題になりましたね。

 

 

アメリカで子供の近視を治すためのコンタクトレンズが開発中とのことで、

 

うまくいけば子供の近視が治せるかもしれないと言うものです。

 

 

もちろん、これがうまくいけばものすごいことですよね?

 

 

コンタクトレンズは、メガネと同じで

 

近視の矯正のために使われると言うイメージがありましたし、

 

近視の進行が止まるとなれば驚きです。

 

 

以前は、コンタクトレンズを使うと、

 

視力の低下が防げると言う話もありました。

 

 

メガネの場合には、レンズと目の距離があるために、

 

かけ方によって見え方に違いが出やすいのが欠点でした。

 

 

コンタクトレンズは目の上に直接レンズを乗せることで、

 

目とレンズの距離が変わらないために、見え方も同じくなり、

 

視力低下が起こりにくいと言われていました。

 

 

ですから、コンタクトレンズを使っている人のほうが、

 

メガネを使っている人よりも近視の進み具合がゆっくりです。

 

 

おそらくこういった理由で、コンタクトレンズを使うと、

 

近視の進行が止まると言うイメージがあるのでしょう。

 

 

アメリカで話題になったコンタクトレンズが、

 

どこまで開発されたかは、まだニュースになっていませんが、

 

実現すると日本でも使用可能になるかもしれません。

 

 

ただし、コンタクトレンズを子供が装着できるかと言う点では、

 

まだ改良の余地がありそうですね。

 

 

大人の近視の進行が止まるコンタクトレンズも、

 

登場してくれるとありがたいですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル