近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視が進まないようにするには?

 

近視は、メガネやコンタクトレンズでうまく矯正できたとしても、

 

その後の生活習慣によっては、進んでしまう可能性が高いのです。

 

 

近視を進行させないようにするには、

 

まずは目の負担を軽くすることです。

 

 

目を酷使する時間を極力少なくする、

 

定期的に目を休ませるなど、

 

目を気遣うことが必要です。

 

 

目を使わないと言うのは難しいことですから、

 

目が疲れる前に対応すると言うのが、

 

近視を進ませない理想ではないでしょうか。

 

 

特に、子供の場合には、

 

近視は進みやすいと言われています。

 

 

仮性近視の時に、きちんと治療を受ければ回復する視力も、

 

放っておくと本当の近視に移行してしまいます。

 

 

見えにくいのに、それを見える状態にせず見続けていると、

 

目の筋肉が緊張したままになり、筋肉が凝り固まってしまうのです。

 

 

しっかり目が休める時間=睡眠時間をしっかり確保することも、

 

近視が進まないようにする方法のひとつですね。

 

 

また、矯正度数が合っていない

 

コンタクトレンズやメガネを使うことも、

 

近視を進ませてしまう原因になります。

 

 

メガネやコンタクトレンズを使っている人は、

 

度数が合っているものを使いましょう。

 

 

最近では、仕事でコンピューターを使う時間が長い人は、

 

年齢に関係なく近視が進むとのことです。

 

 

以前は「近視はある程度の年齢になると進行が止まる」と言われていましたが、

 

最近ではそれが通用しない状況になっていますから、

 

大人になっても近視に対する配慮は必要ですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル