近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視をそのままにしておくとどうなりますか?

 

近視は病気じゃないから、そのままでもいいか、

 

なんて思う人は少ないですよね?

 

 

以前はしっかり見えていたものが

 

見えなくなっているわけですから、

 

できるだけ早めの対応が必要です。

 

 

でも、近視をそのままにしておいたら?

 

これは確実に視力が悪くなります。

 

 

そしてそれが長くなればなるほど、

 

目に負担がかかって視力低下だけでなく、

 

肩こりや頭痛の原因にもなります。

 

 

肩こりや頭痛が酷くなると、

 

今度は吐き気が出てくる人もいますね。

 

 

たかが近視ですが、色々な症状を引き起こしてしまうので、

 

できるだけそのままにしておくことは避けたいものです。

 

 

近視になってしまったら、

 

まずどうやって対処するのかがポイントです。

 

 

メガネやコンタクトレンズで矯正して見えるようにするか、

 

またはレーシックなどの手術を受けると言う方法もあります。

 

 

メガネやコンタクトを使わずに、視力を回復させたい人は、

 

視力回復トレーニングを選択するのも1つの方法です。

 

 

とにかく、見えにくくなってきたなと感じているのに、

 

そのままにしておくことは、何の解決にもなりません。

 

 

特に子供の仮性近視の場合には、

 

そのままにしておくと本当の近視に移行してしまいます。

 

 

子供のほうが大人よりも視力低下のスピードが速いので、

 

早めの対策が重要でしょう。

 

 

また、視力の低下には、

 

目の病気が関係している可能性もあります。

 

 

そのため、見えにくいだけだから心配ないと

 

自分勝手な判断をしてはいけませんよ。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル