近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の見え方

 

目が良い人にとって、

 

近視の見え方は想像できないかもしれません。

 

 

近視の見え方は、全体がぼやけて

 

細かなところがはっきり見えません。

 

 

ぼやけて見えること自体が、視力の良い人にはピンとこないでしょうが、

 

薄暗いところで見えにくいときと、似ているかもしれません。

 

 

また、メガネやコンタクトで矯正をしていない人は、

 

目を細めて見るとある程度見えるようになります。

 

 

これは、目を細めることが、水晶体の厚さを調節して、

 

ピントを合わせているのです。

 

 

もちろん、目を細めるのを止めてしまうと、

 

また見えにくい状態になります。

 

 

そして、目を細めることが多くなると、

 

肩こりや頭痛が起きやすくなります。

 

 

私は長年近視に悩まされていましたから、

 

肩こりや頭痛はよくありました。

 

 

さらに、近視が進むと、ぼやけると言うよりも、

 

形でさえわかりにくくなります。

 

 

人の顔は、目や鼻などが見えず、

 

顔の輪郭ですら見えにくくなります。

 

私の場合、裸眼では色を見分けるのがやっとでした。

 

 

小さな子供が近視の時には、この「見えにくい」と言うことを、

 

なかなかしっかり伝えることができません。

 

 

テレビなどを観るときに、目を細めている状態であれば、

 

もしかしたら近視なのかもしれないと言う目安になります。

 

 

目の見え方と言うのは、その本人にしかわからないことですから、

 

近視かどうかを判断するには、視力検査をすることになります。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル