近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視は治りますか?

 

この質問は、非常に難しいですね。

 

 

眼科を受診すると、近視を治すと言うよりは

 

すぐに矯正をします。

 

 

ですから、近視になって治す以前に

 

矯正して見えるようになってしまった、

 

と言うのが従来のパターンではないでしょうか。

 

 

どちらかと言うと、眼科では近視に対して

 

「治そう」と言うことよりも、

 

いかによく見えるようにするか

 

と言うことに重点を置いているのです。

 

 

ですから、近視になって眼科を受診し、

 

そのまま矯正してしまった場合には、

 

「近視が治った」とは言えませんね。

 

 

では、「近視は治らないのか?」と言うことになりますが、

 

これは方法によって違います。

 

 

色々な視力回復法がありますし、

 

私もそうですが、自分に合った回復法があれば、

 

近視は治るのです。

 

 

ただし、「近視が治る=全ての物がはっきり見えるようになる」

 

と言うことではありません。

 

 

強度近視で裸眼0.01の視力の人が、

 

適切な視力回復法で0.8まで見えるようになれば、

 

これはある程度近視が治ったと言えるでしょう。

 

 

また、仮性近視の場合には、

 

対処が早ければ早いほど完治が可能です。

 

 

そして、最近多くなっているのが、

 

レーシックなどの治療法です。

 

 

確かにレーシック手術を受けると、

 

かなりの確率で視力は良くなります。

 

 

裸眼でもものすごくよく見えるので、

 

これもある意味近視の治し方と言えるでしょう。

 

厳密に言うと、これも視力矯正の1つなのですが。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル