近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視は病気ですか?

 

近視は医学的には「病気ではない」と言われています。

 

 

私たちのイメージでは、

 

見えていた目が見えなくなるのですから、

 

病気だと考えますよね。

 

 

ところが、医学の世界では、

 

「近視は矯正すれば見えるようになる」と言うことから、

 

簡単に治せる目の症状と言うとらえかたなのです。

 

 

目が悪くなっても、見える手段は

 

いくらでもあると言う考え方なのでしょうね。

 

 

しかも、最近では、近視の原因は環境が大きな要因となっているので、

 

予防も可能と言うことで、病気ではないと言う眼科医も多いのです。

 

 

病気ではなく症状と言われても

 

なんだかピンときませんが(笑)。

 

 

子供の仮性近視も「偽近視」といって、

 

「本物の近視ではない」と言われていますから、

 

医学的には「近視=病気ではない」と言うことなのでしょう。

 

 

視力が低下して眼科を受診すると、

 

「目が見えるようになるトレーニング」ではく、

 

「見えるように矯正する」ところがほとんどでしょう。

 

 

病気であれば治療をするけれど、

 

近視の場合には「矯正をする」ことで、

 

見えるようになるわけですから、

 

病気ではないと考えられているのです。

 

 

ちょっとビックリですよね。

 

 

ただし、近視の場合、

 

これが原因で目の病気を引き起こすことがあります。

 

 

視力が正常な人に比べて、

 

近視の人は網膜剥離になる可能性が高いです。

 

 

近視自体は病気でなくても、

 

何かの病気の原因になることはあると覚えておきましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル