近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


網膜剥離

 

網膜剥離は、強度近視の人に注意が必要な病気です。

 

 

「網膜剥離って糖尿病や加齢、

 

事故などの外傷で起こるんじゃないの?」

 

と思う人も多いでしょう。

 

 

確かに、網膜剥離の原因としてはそれらのことが主ですが、

 

近視も関係が深いのです。

 

 

近視の人と言うのは、眼球の形が長くなってしまい、

 

通常の人に比べると網膜がはがれやすい状態にあるのです。

 

 

網膜自体は、弾力があるわけではないので、

 

引っ張られるとはがれたり、裂け目ができたりします。

 

 

その部分に眼球の中にある水が入り込み、

 

内側から膜がはがれてしまうわけです。

 

 

ですから、強度近視の人も

 

網膜剥離には注意しなければなりません。

 

 

網膜剥離が起こると視力の低下が始まり、

 

そのままにしておくと、

 

最悪の場合には失明する可能性があります。

 

 

ですから、「飛蚊症」の症状が出た場合には、

 

早めに眼科受診をすることがポイントです。

 

 

また、急激な視力低下と言うのも、

 

網膜剥離の初期症状として知られています。

 

 

網膜剥離の場合、その対応が早ければ、

 

網膜が完全にはがれてしまう前の処置も可能です。

 

 

完全に網膜がはがれてしまうと、

 

手術を行わなければなりません。

 

 

近視の人と言うのは、既に視力が悪いことと、

 

網膜が常に引っ張られていることをしっかりと自覚をし、

 

網膜剥離にかかる可能性が高いことを、

 

常に自覚しておく必要がありますね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル