近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


飛蚊症

 

飛蚊症(ひぶんしょう)は、

 

あまり聞きなれない目の病気ではないでしょうか。

 

 

飛蚊症は明るいところを見たときに、

 

目の前に髪の毛のようなものや、

 

黒い点のようなものが見える状態を指します。

 

 

目にごみが入ったかと思って目をこすっても見え方に変わりはなく、

 

目を動かすとその黒い点も一緒に動いてくるはずです。

 

 

まるで目の前を蚊が飛んでいるかのように見えることから、

 

飛蚊症と呼ばれているのです。

 

 

実際私も飛蚊症を経験しました。

 

目の前にいつも何か髪の毛のような細いものが見えるのです。

 

 

飛蚊症は、眼の中にある硝子体の老化が原因で起こりやすいのですが、

 

近視も大きく関係しています。

 

 

しかもこの場合、強度の近視の人がかかりやすいのです。

 

強度近視と言うのは、眼球の長さが長くなっているために、

 

近視が進行すると網膜と硝子体がはがれてしまい、

 

網膜剥離などを引き起こしやすくなります。

 

 

網膜と硝子体がはがれるときに、網膜に出血が起こると、

 

それが硝子体の混濁を招き、飛蚊症が起こりやすくなります。

 

 

また、強度近視の人は、眼球自体も弱くなっているので、

 

硝子体も弱くなっていることも、

 

飛蚊症を起こしやすいと考えられます。

 

 

飛蚊症は、黒い点や髪の毛のようなものが増え続けた場合、

 

なんらかの目の異常が疑われます。

 

 

老化現象でも飛蚊症は起こりますから、

 

飛蚊症の症状が現れても慌てることはありません。

 

 

ただし、見えるものが多くなってきたときには、

 

一度受診することが大切です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル