近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


緑内障

 

緑内障は眼圧が高くなってしまったことで起こる目の病気です。

 

原因がはっきりしておらず、

 

症状も気づきにくいので、厄介な病気とも言えます。

 

 

緑内障の症状としては、目の疲れやかすみなどで電灯を見ると、

 

その周りに虹がかかっているように見える場合もあります。

 

 

また、目の奥が突然傷む、充血が酷い、

 

吐き気や頭痛の症状が出る人もいます。

 

 

緑内障の場合、そのままにしておくと症状が進行し、

 

最悪の場合は失明してしまう恐ろしい病気です。

 

 

緑内障は極度の近視の人も

 

かかりやすいと言われています。

 

 

使用しているメガネやコンタクトレンズの度数が、

 

合わないまま使い続けると目にかかる負担が大きくなり、

 

目自体が弱ってしまいます。

 

 

そうなると眼圧の調整が難しくなり、

 

眼圧が高い状態が続くのです。

 

 

緑内障の怖いところは、

 

かなり状態が悪化しないと自覚症状が出ない点です。

 

 

自覚症状が出たときは既にかなり進行しているケースがほとんどで、

 

緑内障の一番の治療は予防だと言われているのです。

 

 

そこで、40代を過ぎたら、

 

年に一度は緑内障の検査を受けるのが望ましいでしょう。

 

 

年に一度視力検査をして、その際に緑内障の検査も行うと、

 

状態が悪くなってから気づくと言うことがなくなります。

 

 

近視の人は特に、矯正視力が適正かどうか、

 

きちんと検査をすることが、

 

緑内障の予防といってもいいでしょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル