近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


白内障

 

近視が進むと、

 

白内障になりやすいと言われています。

 

 

白内障なんて、歳を取ってからかかる

 

目の病気だと思っている人も多いでしょうが、

 

実は若い人でもかかる病気なのです。

 

 

白内障は、何らかの原因で水晶体が濁り、

 

物が見えにくくなる病気です。

 

 

水晶体が濁ると、光を通しにくくなるので、

 

物がぼやけるわけですね。

 

 

近視が進むと、水晶体にかかる負担が大きくなるので、

 

濁りやすくなると言うデータもあります。

 

 

また、その逆に水晶体が濁ると、

 

屈折力が高まるので近視が進むとも言われています。

 

 

見えにくさに加えて、まぶしさを感じるような場合には、

 

白内障を疑ったほうがいいでしょう。

 

 

白内障が進むと、手術以外に改善の方法はありません。

 

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体を取り除き、

 

人工水晶体を代わりに入れるものです。

 

 

近視が酷い人は、手術で人工水晶体にある程度の度数を入れれば、

 

近視が改善されることになります。

 

 

白内障の手術をして、

 

近視がよくなった!と言う人もいます。

 

 

ですが、白内障の手術で使う人工水晶体は、本来の水晶体とは違い、

 

厚さを調節して視力を出すことはできません。

 

 

人工水晶体を使って、ある程度見えるようになっても、

 

今度は視力のピント合わせができないので、

 

完全によく見えるわけではないのです。

 

 

もちろん、中には、白内障が進んでいても、

 

見え方に支障がない人もいます。

 

 

見え方や水晶体の濁り方には、

 

個人差があることを覚えておきましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル