近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


RK

 

RKは、レーシックのさきがけとなった方法です。

 

近視矯正手術の第一号といってもいいでしょう。

 

放射状角膜切開とも呼ばれています。

 

 

RKは、角膜の表面に放射状に切込みを入れて、

 

角膜のカーブを治す方法です。

 

 

ロシアで開発された技法ですが、その元となったのは、

 

日本の佐藤教授が開発したと言うのですから驚きですね。

 

 

また、RKは、交通事故にあった少年が、

 

割れたメガネの破片で角膜が傷ついたのに、

 

視力が回復したことがきっかけで、研究が進んだようです。

 

 

技術が進歩してからは、世界中でRKが行われ、

 

実際に効果があった人もかなり多かったと聞いています。

 

 

RKのメリットとしては、経験豊富な病院であれば、

 

安全性も高く、効果も期待できることです。

 

 

ですが、レーシックと違って、

 

医師の技術が大きく関係してくるので、

 

良い病院を選ぶことがかなり重要です。

 

 

デメリットとしては、手術の方法が原始的で、

 

医師の技術力に頼る部分が多いこと、

 

また、角膜に切込みを入れるため、

 

角膜の強度が落ちることで、気圧の変動で、

 

見え方が変わる可能性があることです。

 

 

強度の近視の人には適していないと言うことも

 

デメリットの1つです。

 

 

最近では、安全性があって、

 

視力アップが期待できるレーシックのほうが、

 

希望する人が多くなっているのも事実です。

 

 

費用もレーシックと変わらないので、

 

選ぶ人が減少しているかもしれませんね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル