近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


PRK

 

PRKは、エキシマレーザーを使った初めての近視矯正手術です。

 

エキシマレーザーでフラップを作るものではなくて、

 

レーザーで角膜を直接削るものです。

 

 

角膜をレーザーで削るなんて聞くと、ちょっと怖い感じもしますが、

 

レーザーを直接照射することで、角膜の強度が保たれます。

 

 

レーシックが行われる前には、ほとんどの近視矯正手術は、

 

PRKがメインでした。

 

 

激しい運動や仕事をしている人には、衝撃にも強くなるので、

 

レーシックよりも、PRKを勧められることが多いようです。

 

 

PRKは、フラップを作成しない分、

 

目にかかる負担が少ないことがメリットです。

 

 

エピレーシックなどの手術に比べて、

 

受けることができる病院が多いのも、

 

病院選びに困らないので大きなメリットとなります。

 

 

デメリットとしては、手術後は角膜の保護のために、

 

専用のコンタクトレンズを使いますから、

 

その点が面倒かもしれません。

 

 

また、これは個人差が大きいのですが、

 

手術後に痛みやまぶしさを感じるケースがあります。

 

 

そして、PRKは両目一度に手術を受けることができません。

 

 

費用は片目が15万円前後ですから、

 

両目だと30万円くらいになりますね。

 

 

PRKの場合、レーシックが行われるまでの

 

長い期間行われていましたから安全性は確かです。

 

 

現在も目の安全性を考慮して、

 

レーシックではなくPRKを選択する患者さんも多く、

 

決して古い近視矯正手術ではないことがわかりますね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル