近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


ラセック

 

ラセックも近視矯正手術の1つです。

 

レーシックと同様、屈折力を矯正するために、

 

エキシマレーザーを角膜に照射します。

 

 

レーシックよりもフラップが薄くなるので、

 

エピレーシックに近い効果が得られます。

 

 

フラップが薄いと、角膜上皮だけでフラップができますから、

 

ゆくゆくは角膜上皮が再生し、

 

フラップがずれてしまうことがありません。

 

 

また、角膜が薄い人でも、

 

薄いフラップを作ることができるので、

 

これまでレーシックを受けられなかった人も、

 

手術が受けられるわけです。

 

 

では、エピレーシックとどこが違うのか?と言うことになりますが、

 

これはフラップの作り方にあります。

 

 

エピレーシックでは機械を使ってフラップを作りますが、

 

ラセックは、薬品を使って角膜上皮をふやかし、

 

その後持ち上げてフラップを作ります。

 

 

網膜への負担が少ないので、この点はメリットとなりますが、

 

薬品を使う点ではまだデータ不足が指摘されています。

 

 

さらに、角膜がふやけることで、

 

レーザーの照射をしたときの精度が、

 

下がる可能性があることも事実です。

 

 

薬品を使うこと自体が、

 

目にどれだけの負担をかけることになるのか、

 

まだ明らかでないと言ってもいいでしょう。

 

 

視力が安定するのも、

 

エピレーシックと同じように時間がかかりますし、

 

角膜上皮が再生するまでは痛みも生じます。

 

 

手術時間は5〜10分ですが、

 

費用は病院によってかなり違いがあります。

 

興味がある人は、病院に問い合わせてみるといいでしょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル