近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


エピレーシック

 

エピレーシックとは、エピケラトームと言う器具を使って、

 

角膜を削りふた(フラップ)を作り、

 

レーザーを照射して行うレーシックの1つです。

 

 

従来のレーシックよりも、薄いフラップができます。

 

 

このため、角膜の薄さがネックで、

 

レーシックを受けられなかった人も、

 

このエピレーシックなら大丈夫です。

 

 

フラップは、角膜上皮だけなので、

 

再生することが可能です。

 

 

つまり、従来のレーシックとは違って、

 

ふたをしたフラップが最終的にはなくなりますから、

 

何らかの衝撃でずれることがありません。

 

 

スポーツ選手などは、レーシックを希望する人が多いのですが、

 

衝撃を受けたときにフラップがずれてしまうことがあるそうです。

 

 

角膜上皮のフラップは再生すると一体化できるので、

 

手術後にそれがずれる心配がありません。

 

 

激しいスポーツをしている人には、

 

とても最適な方法と言えるでしょう。

 

 

では、エピレーシックのデメリットですが、

 

それは、視力が回復するのに時間がかかると言う点です。

 

 

角膜上皮は、再生できますがそれには時間がかかります。

 

そして、痛みも伴います。

 

 

角膜を保護するためのコンタクトレンズも装着しなければならないため、

 

視力が安定するまでの時間が必要です。

 

 

従来のレーシックであれば、

 

手術を受けたあとはすぐに見えるようになりますから、

 

これは大きな違いですね。

 

 

費用についてですが、エピレーシックはレーシックに比べて、

 

やや高くなります。

 

 

病院によって違いますが、

 

大体20万円前後と考えておけばいいでしょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル