近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の度数

 

目が悪くなると、メガネやコンタクトレンズのお世話になりますが、

 

このときに、視力検査の数値とは違う「度数」を使います。

 

 

自分の視力は知っていても、

 

この度数については意外と知らない人が多いですよね?

 

 

視力がいくつかと聞かれると、

 

0.1とか1.0などと答えますが、

 

これは裸眼の視力ですね。

 

 

ちなみに私の裸眼視力は0.01でした・・・。

 

何も見えない感じでしたね。

 

 

近視の度数とは、主に眼科やメガネ店などで使われます。

 

メガネやコンタクトレンズを作るときに、眼科医は処方箋を出しますが、

 

そこに記載されている数字が、近視の度数となります。

 

 

単位はDで、このDはディオプトリーと言って、

 

屈折異常を示すものです。

 

 

マイナス3Dとか耳にしたことはありませんか?

 

ちょっと難しく言うと、レンズの焦点距離の逆数です。

 

 

近視の場合、矯正は凹レンズで行われます。

 

凹レンズはマイナスで表されますから、

 

この矯正度数を数字で示し、

 

マイナス○Dと表示されるのです。

 

 

数字が大きければ大きいほど、視力が悪いことになります。

 

私は酷いときでマイナス9.5Dでした。

 

 

メガネやコンタクトを作るときには、必ずといっていいいほど、

 

店員さんに「かなり強いですね〜」と驚かれていました。

 

 

また、裸眼の視力がさほど悪くなくても、

 

矯正視力が悪ければ、近視度数は高くなります。

 

 

自分でメガネを作るとき、こうした近視の度数について、

 

あらかじめ把握しておいてはいかがですか。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル