近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


イントラレーシック(@レーシック)

 

イントラレーシックはiレーシックとも呼ばれ、

 

従来のレーシックよりも性能の高い

 

コンピューターで制御されたレーザーを使います。

 

 

レーザーが違うと、手術にどんな違いが出るのかと言うと、

 

コンピューターで制御されていますから、

 

従来よりもフラップ(ふたの部分)を、

 

より薄く削ることができるのです。

 

 

ふたの削り方が厚いと、角膜が薄くなってしまいますから、

 

イントラレーシックの場合には、

 

その危険性が非常に少なくなるのです。

 

 

つまり、手術の成功率も高いわけですね。

 

 

また、大きなメリットとして、

 

角膜が薄い人や形状が極端な人でも、

 

手術をして視力が良くなることが可能です。

 

 

これもコンピューター制御の性能が高いからです。

 

 

手術後のドライアイに悩むことも少なく、

 

レーシックの進化系と言ってもいいでしょう。

 

 

ですが、イントラレーシックにもデメリットはあります。

 

 

まず担当する医師の技術力によって

 

合併症が起こる危険性があります。

 

これは従来のレーシックにも同じことが言えますね。

 

 

そして、レーシックよりも手術に時間がかかることや、

 

角膜炎を起こす恐れがあります。

 

 

全てに言えることではなくて可能性の話ですから、

 

危険ばかりではありません。

 

 

あとは費用が従来のレーシックに比べると高くなります。

 

これはマシンの性能が良いわけですから仕方がないのですが。

 

 

イントラレーシックも、

 

事前の説明が重要と言うことですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル