近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


レーシック

 

近視矯正手術の中で一番多く行われているのが、

 

レーシックではないでしょうか。

 

 

近視に悩んでいる人なら、

 

一度は考えた手術方法かもしれません。

 

私も考えた時期がありましたから(笑)。

 

 

レーシックは、角膜の表面を削ってふたを作り、

 

削ったところにレーザーを照射して、

 

屈折を矯正し、ふたを戻す方法です。

 

 

スポーツ選手を始め、芸能人や有名人が多く受けている手術で、

 

テレビでも紹介されていますから知名度は抜群ですね。

 

 

手術時間は数分ですし、そのまま帰宅することが可能です。

 

あっと言う間にできてしまう近視矯正手術と言えるでしょう。

 

 

費用については病院によって違いがありますが、

 

片目が数万円〜30万円前後となっています。

 

 

両目だとこの倍額になると言うことですね。

 

レーシックのメリットは、なんといっても即効性の高さです。

 

 

手術を受けた直後から、よく見えるようになりますし、

 

入院などの必要がありません。

 

 

また強度の近視や乱視の人も受けることができます。

 

 

デメリットとしては、後遺症が出るケースがあること、

 

見え方に個人差が激しいことがあります。

 

 

また、術後に目を酷使していると、

 

視力が元に戻ってしまうようです。

 

 

レーシックは安全性が高いと言われていますが、

 

絶対に失敗しないと言うことではありません。

 

 

安全性についても心配ないと言われていますが、

 

以前集団感染症が大きなニュースになりましたから、

 

病院の選び方も慎重に行うべきですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル