近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術でどれぐらい視力が回復する?

 

近視矯正手術に興味があるけれど、

 

手術をすれば本当に視力が良くなるのか、近視は治るのか、

 

と言う不安を抱えている人も多いことでしょう。

 

 

確かに、せっかく近視矯正手術を受けたのに、

 

ほとんど視力が変わらないのでは、

 

思い切って手術を受けた意味がありませんよね?

 

 

近視矯正手術は、成功すればほとんどの人が視力アップします。

 

0.08しか視力がなかった人が、近視矯正手術を受けた後には、

 

1.2まで見えるようになったと言うケースもあります。

 

 

手術前よりはかなり見えるようになったと言うのが、

 

近視矯正手術を受けた人の感想の多くです。

 

 

ただし、近視矯正手術で結果が出にくい人もいます。

 

それはもともとの矯正力が弱い場合です。

 

 

つまり、近視矯正手術を受ける人は、

 

メガネやコンタクトを使って見えていた状態に、

 

戻る可能性が高いと考えてください。

 

 

また、近視矯正手術を受けたからといって、

 

その後も目を酷使していると、

 

視力が低下することは明らかです。

 

 

それに、レーシックの場合には、削った角膜が再生して、

 

再び見えにくくなったと言うケースもあります。

 

 

この場合は、手術後1年以内が多いですから、

 

再手術をしてくれるところもあります。

 

 

近視矯正手術で視力はかなり回復しますが、

 

その後のケアもしないと元に戻ってしまうと言うこともあります。

 

 

ですから、「近視矯正手術=近視が治る」のではなく、

 

近視にならないための注意点を守っていくことが大切ですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル