近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術が出来ない人

 

近視矯正手術は、どんな近視の人でも対応できるかと言うと、

 

実はそうではありません。

 

 

その多くは、近視矯正手術の適応検査で、

 

大体引っかかってきます。

 

 

ちょっと紹介しますと、白内障や緑内障などの眼病を持っている人、

 

糖尿病の人、妊娠または授乳中の人、角膜が極端に薄い人などです。

 

 

白内障などの眼病があると、

 

角膜を削るとその病気を悪化させる危険性がありますし、

 

新たな病気を引き起こすことにもなりかねません。

 

 

また、糖尿病の人は、手術をするときの負担が大きくなります。

 

糖尿病の人は、ちょっとしたことで合併症を起こしやすいので、

 

近視矯正手術だけでなく、他の手術も受けにくくなります。

 

 

妊娠中や授乳中の人は、体にかかる負担を考えると、

 

おススメできないのは当たり前ですね。

 

 

そして、角膜が極端に薄い人は、

 

削ることで起こるリスクが高くなってしまうので、

 

手術を受けることはできません。

 

 

しかも、角膜が薄い場合には、

 

万が一最初の手術で視力が出なかった場合の、

 

再手術も受けられないので、

 

手術ができないと言われてしまうのです。

 

 

多くの眼科医は、近視矯正手術は

 

あくまでも患者の意思だと考えています。

 

 

視力を良くするために積極的に手術を勧める医師は、

 

少ないのではないでしょうか。

 

 

これには、近視矯正手術を受けられない人が多いことと、

 

万が一のときのリスクが高いことを証明しているのだと思われます。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル