近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術の後遺症

 

近視矯正手術を受けるときに、

 

おそらく後遺症についても説明があるかと思います。

 

 

手術後に起こりやすい症状としては、

 

まぶしさや手元がチカチカすることですね。

 

 

ただし、これは長くても数日で治まるはずです。

 

これがずっと続くようなら、再度受診しなければいけませんが。

 

 

また、PRKでは、角膜に直接レーザーを照射して削るため、

 

術後に痛みを感じます。

 

 

これもしばらくすれば治まりますから、

 

そう深刻ではありません。

 

 

ですが、怖いのは、近視矯正手術をして、

 

今度は遠視になってしまうケースです。

 

 

近視矯正手術は、レーザーを照射しますが、

 

この時間が長いと矯正力がアップします。

 

 

しっかり照射すれば見えるようになるんだからいいじゃないか。

 

そう思いがちですが、

 

私たちの目は見えればいいと言うものではありません。

 

 

私も経験がありますが、見えすぎる状態は、

 

かえって目に負担がかかるのです。

 

 

そして、その状態が続くと、今度は吐き気や頭痛、

 

手元が見えにくいと言うことになってしまいます。

 

 

その他の注意点としては、感染症の危険性もあります。

 

 

衛生管理がしっかりしている病院を選ばなければ、

 

手術器具の使い回しなどで、

 

感染症にかかる可能性も捨て切れません。

 

 

近視矯正手術の効果は、非常に高いと言われていますが、

 

後遺症やリスクについても、

 

十分納得した上で受けることが重要です。

 

 

手術前のカウンセリングがきちんとしているかで、

 

その病院の信用性もつかめるのではないでしょうか。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル