近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術の内容

 

近視矯正手術は色々な種類がありますが、

 

ここではエキシマレーザーを使った方法をご紹介しましょう。

 

 

エキシマレーザーには、レーシックエピレーシック

 

PRKなどがあります。

 

 

まず、近視矯正手術が可能かどうか、

 

適応検査や術前検査を行います。

 

その検査結果によって、手術方法が選択されます。

 

 

エキシマレーザーを使った方法は、

 

そのほとんどが、角膜を削って

 

そこにエキシマレーザーを照射します。

 

 

レーシックの場合には、削った角膜を

 

もう一度ふたをする要領で戻すことになります。

 

 

PRKの場合には、角膜を削るのはレーザーを当てて行うため、

 

ふたをするのではなく削り取ってしまいます。

 

 

レーシックはふたをする時間が加わるために、

 

PRKよりは時間が若干かかりますが、

 

痛みはほとんどありません。

 

 

それに対してPRKは、角膜に傷ができてしまうので、

 

麻酔が切れた後に痛みを感じます。

 

 

短時間で手術は終了しますが、

 

術後の感じが違うわけです。

 

 

他にも視力矯正手術方法はありますが、

 

最近ではどの方法も非常に時間が短く、

 

受けやすい傾向にあります。

 

 

以前は近視矯正手術のために、

 

入院が必要なケースがありましたが、

 

最近では入院することはほとんどありません。

 

 

また、近視は「治療する=手術する」ことで治すと言う考え方も、

 

普及してきているのです。

 

 

どんな手術が適しているかは、検査の結果次第ですから、

 

自分の希望があれば、それを事前に伝えておくといいでしょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル