近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術をするまでの流れ

 

ここでは、近視矯正手術をするまでの流れについて

 

触れておきましょう。

 

 

近視矯正手術を希望する場合には、

 

事前に適応検査が必要になります。

 

 

レーシックやエピレーシック、ラセックなど、

 

色々な近視の手術法がありますが、

 

どういった手術でも適応検査は重要です。

 

 

また、この適応検査は健康保険の適用となるので、

 

3,000円前後で受けることができます。

 

 

このときに普段からコンタクトレンズを使用している人は、

 

正確な検査結果を得るために、

 

一定期間使用を中止しておくことをおススメします。

 

 

おそらく眼科に検査を申し込むと、

 

上記を含んだ色々な注意点が説明されますから、

 

よく聞いておきましょう。

 

 

検査をして矯正手術に適しているとわかれば、

 

手術についての説明を受けます。

 

不安な点はカウンセリングで解消しておきましょう。

 

 

次に術前検査を受けることになります。

 

この結果で、どんな手術を行うかが決定されるのです。

 

 

瞳孔を開く検査も行われますから、

 

車の運転はやめたほうがいいでしょう。

 

 

どんな矯正手術を行うかが決まれば、

 

後は手術を受けるだけです。

 

 

手術の種類によって時間は違いますが、

 

これも事前にきちんと説明されますから、

 

心配要りません。

 

 

手術後は、翌日やその後の定期的な検査が必要です。

 

 

近視矯正手術は術後の検査が何度もありますから、

 

調子が良くなったからといって、

 

途中で検査を中断してはいけません。

 

 

術後1年は、様子を見ることが大切です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル