近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視矯正手術の歴史

 

近視の治療で、最近では手術が注目されています。

 

 

ここでは近視矯正手術について、

 

ちょっと勉強しておきましょう。

 

 

近視矯正手術は、古いところでは

 

18世紀のエジプトで行われていました。

 

 

本格的な近視の矯正手術は、19世紀から研究が進められ、

 

戦前の日本で角膜の前面と後面に放射状に切込みを入れて、

 

視力を矯正する外科手術が行われました。

 

 

これが近視矯正手術の1つであるRK手術の元となりました。

 

 

このRK手術は、成功例も多かったのですが、

 

角膜に切込みを入れることで、その後の後遺症などが起こり、

 

角膜の表面のみを切開する方法が開発されたのです。

 

 

そして1975年、エキシマレーザーを使った角膜を削る方法が、

 

近視矯正手術として開発されました。

 

 

これは世界中で手術が行われ、効果も高かったのですが、

 

強度の近視には適用しないと言うのが欠点でした。

 

 

そこで、これに様々な改良点を加え、

 

現在のレーシック手術が行われたのが、1990年のことです。

 

 

レーシック手術を開発したのが、ギリシャの眼科医であったことから、

 

レーシックと言うギリシャ語がそのまま治療法に使われているそうです。

 

 

日本では1998年に厚生省が治療用として、

 

エキシマレーザー使用を認可しました。

 

 

そして、2000年には近視治療による

 

エキシマレーザーの使用が認可されています。

 

 

国内でレーシックは、

 

まだまだ新しい近視矯正手術といってもいいでしょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル