近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


眼筋の体操

 

眼筋とは、水晶体の厚さを調節する毛様体筋のことを指します。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

視力が低下する、いわゆる近視は、

 

この毛様体筋の緊張が続いている状態です。

 

 

眼筋の体操で緊張をほぐし、筋肉を鍛えて

 

機能の回復をさせることがポイントです。

 

 

目の筋トレだと考えればわかりやすいでしょうか。

 

 

眼筋の体操は、眼科を受診する必要もありませんし、

 

トレーニングセンターに通うこともありません。

 

 

自宅で時間のあるときにできる方法ですから、

 

費用もかからず自分の都合に合わせて、

 

短時間で実行できる点がメリットと言えるでしょう。

 

 

簡単な眼筋体操に、近くの物と遠くの物を

 

交互に見る方法があります。

 

 

「それだけ?」と思うかもしれませんが、

 

近視になってしまう原因は、

 

近くのものをずっと見続けているためです。

 

 

近くと遠くを交互に見ると、

 

目の筋肉がしっかり使われます。

 

 

つまり、コリをほぐすことができるわけですね。

 

 

もちろん、他にも色々な体操がありますから、

 

試してみるといいですね。

 

 

ただし、眼筋の体操は、

 

極端に目が疲れているときは避けましょう。

 

余計に目が疲れてしまいます。

 

 

しかも、体操中に目の痛みを感じたら、

 

それは目に大きな負担がかかっている可能性が高いですから、

 

すぐに中止しましょう。

 

 

勉強や仕事中に目を酷使している場合には、

 

休憩をしながら遠くを見て、

 

目をリラックスさせることも大切ですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル