近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視と年齢の関係

 

近視は遺伝の可能性も否定できませんが、

 

年齢も大きく関係しています。

 

 

視力と言うのは、生まれた赤ちゃんの場合、

 

3ヶ月では0.1、6ヶ月で0.2と少しずつ上がり、

 

6歳あたりでは1.0以上となって視力が完成します。

 

 

そして、年齢の成長と共に視力は進行し、

 

20歳頃までその進行は続きます。

 

 

しかも、低年齢層に視力が低下する傾向にあり、

 

高校生までの視力の低下が、

 

以前に比べて著しくなってきています。

 

 

視力の低下は、毛様体筋の働きが弱くなることで起こるのですが、

 

子供のうちはその毛様体筋が疲れやすくなります。

 

ですから、偽近視(仮性近視)になりやすいのです。

 

 

そのことが主に、「年齢が低いほうが近視は進む」と言う、

 

常識のようなものになっているのです。

 

 

確かにこれは間違いではありませんし、

 

大人に比べて子供のほうが、

 

近視になりやすいのも事実です。

 

 

ですが、最近では年齢とは関係なく、

 

近視になる大人が増えているのも忘れてはいけません。

 

 

子供はゲーム機などで目を使いすぎるのですが、

 

大人の場合、仕事でパソコンを使う機会がかなり多くなりました。

 

 

ある程度の年齢になれば、近視が進むことは無いと、

 

私も思っていましたが、なんと私も近視がより進んだのです!

 

 

毎日仕事やプライベートでパソコンを使いますし、

 

スマートフォンも結構目が疲れると言う自覚はありました。

 

 

年齢が高くなれば、近視が進むことは無いと言うのは昔の話です。

 

今は、どんな人でも近視になる可能性があるのです。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル