近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


針やツボ押しによる治療法

 

近視の治療として、

 

針やツボ押しも効果があると言われています。

 

 

針やツボ押しには、血行を良くする効果があって、

 

目の血行を改善させることで、

 

視力が回復できる可能性が高いからです。

 

 

目の血行を改善させれば、水晶体の厚さを調節している

 

毛様体筋の緊張をほぐすことができますし、

 

目の疲れも取り除くことができます。

 

 

特にツボ押しは、ツボの位置を知っていれば

 

自分で行えて費用もかかりません。

 

 

目が疲れたなぁと感じたときに手軽に実行できるのも、

 

大きなメリットですね。

 

 

ただし、ツボ押しは、

 

たくさん刺激すればいいと言うものではありません。

 

 

また、ツボ押しをすると、

 

ちょっと痛みを感じる部分もあります。

 

 

ツボ押しの場合、痛みを感じる部分を強く押せば、

 

効果が得られると思っている人は、

 

その考え方は改めたほうがいいでしょう。

 

 

また、1日のうちで何度もツボ押しをするのも

 

おススメできません。

 

多くても1日3回程度がいいでしょう。

 

 

ツボ押しを始めたころは、1日1〜2回にして、

 

様子を見るのが重要です。

 

 

目のツボは、様々なところに点在しています。

 

全てのツボを刺激しなくても効果は得られますから、

 

自分のやりやすいところを探して時々刺激しましょう。

 

その際に、「気持ちがいい」と思う力加減がポイントです。

 

 

あまりに強い力だと、かえって視力が低下することもあるので、

 

どこのツボをどう刺激したらいいのかを、

 

あらかじめ知っておくことも大切です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル