近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


メガネやコンタクトレンズを使った治療法

 

メガネやコンタクトレンズで、

 

視力を出すことは矯正ではありますが、

 

ある意味近視の治療と言うことになります。

 

 

メガネを近視の治療法として使うメリットは、

 

簡単に装着できて、視力も出やすいことです。

 

 

以前は矯正視力が強いと、レンズの厚さや重みが気になって、

 

装着感に問題がありました。

 

 

ですが、最近ではレンズも薄くなってきているので、

 

そう言う点はかなり改善されています。

 

 

ただし、よく見える範囲が限定されてしまいますし、

 

眼球との距離があるために気をつけていないと

 

近視が進行する可能性があります。

 

 

また、コンタクトレンズは、

 

装着することに慣れるまで時間がかかります。

 

 

目にごみが入ったときの痛みは、

 

使った人でなければわかりません。

 

 

コンタクトレンズも、使い捨てタイプの種類も増えてきたので、

 

使用する人の選択肢が広がり、

 

自分の目に合ったレンズを使うことができます。

 

 

さらに、メガネに比べて見える範囲が広いので、

 

見易さと言う点でもすぐれています。

 

 

ただし、メガネとは違い、眼球にレンズを乗せますから、

 

扱い方は慎重になります。

 

 

それに、管理の面でも不衛生にしていると、

 

目に負担が大きくなりますから注意しなければなりません。

 

 

コンタクトレンズとメガネ、

 

どちらを使うかは、患者さんの希望がほとんどです。

 

 

費用面でもさほど違いはありませんから、

 

どちらにするかをよく考えて、

 

選ぶといいのではないでしょうか。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル