近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


オルソケラトロジーを使った治療法

 

オサートの元となっているのが、オルソケラトロジーです。

 

オルソケラトロジーは、日本ではまだメジャーではありませんが、

 

世界では、多くの人が近視の治療法として取り入れています。

 

 

オルソケラトロジーは、眠っている間特殊なレンズを装着し、

 

朝起きたときにはずします。

 

 

特殊なレンズは、角膜の形を矯正するので、

 

レーシックなどの外科手術の必要も無く、

 

メガネをかけたくない人には効果的です。

 

 

それに、角膜が薄くて、レーシック手術が受けられない人でも、

 

オルソケラトロジーは受けられので、メガネなどで矯正しなくても、

 

治療法の選択肢が広がりますね。

 

 

手術やメガネなどの必要が無いのは大きなメリットですが、

 

強度の近視や乱視の人は、効果が出ないと言われています。

 

 

また、毎晩レンズを装着しなければならないので、

 

それをわずらわしいと思う人も適していないと言えますね。

 

 

レンズを装着したまま眠るので、

 

できるだけ上を向いていなければなりませんし、

 

寝相が悪い場合には特殊な器具を使わなければいけないこともあります。

 

 

さらに、日本ではまだ浸透していない治療法のため、

 

施術を行える眼科が少ないこともデメリットとなります。

 

 

最近では、オサートも登場し、強度の近視の場合でも、

 

施術が可能になりましたから、

 

今後はもっと利用できる人が増えると言われています。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル