近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


ワックを使った治療法

 

近視の治療に、ワックを使う方法もあります。

 

ワックとは、「両眼視簡易検査器」のことです。

 

 

製造している会社が、「ワック株式会社」と言うことから、

 

治療法もワックと呼ばれています。

 

 

おそらく眼科で視力検査をした人の多くが、

 

ワックを経験しているはずです。

 

 

わかりやすく言えば、大きな望遠鏡のようなものを覗き込んで、

 

そこに映し出される景色を眺める方法です。

 

 

景色は大きな気球が浮いているものもあれば、

 

草原にぽっかりと雲が浮いているものもあります。

 

 

目を凝らして見ると言うよりも、

 

ぼ〜っと見ることが大切です。

 

 

近視の場合、近くの物をずっと見続けて、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋が緊張している状態です。

 

 

ワックを使うことで、

 

その筋肉の緊張がほぐれる効果があるのです。

 

 

ただし、ワック自体は、

 

近視を治療するものではありません。

 

 

あくまでも筋肉の緊張をほぐし、

 

そのあとで点眼薬などを用いて、

 

視力を改善させようとするものです。

 

 

ワックは治療器具と言うよりも、

 

検査器具と言えるでしょう。

 

 

眼科では近視の治療と言うよりも、

 

メガネやコンタクトレンズなどの矯正検査(視力検査)前に、

 

目をリラックスさせるためのものとして使われています。

 

 

仮性近視の治療では、ワックと点眼薬を

 

組み合わせている眼科も多いですね。

 

 

ワックは、疲れ目や仮性近視の対処法として

 

用いるものとして覚えておきましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル