近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


通電療法

 

近視の治療法で、通電療法があります。

 

 

通電と聞くと、電気を通すと言うイメージから、

 

痛みや刺激があるのではないかと思う人がいますが、

 

痛みはほとんどありません。

 

 

水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

凝り固まってしまい近視になるケースで、

 

その筋肉に電流を流すことでコリをほぐすのです。

 

 

肩こりにも同じような治療がなされますよね。

 

あのイメージです。

 

 

近視の通電治療は、子供の仮性近視や若い人の近視には、

 

非常に効果が高いと言われています。

 

 

これは、年齢が高い人のほうが、

 

体内の水分量が多く電流が通りやすいからです。

 

 

さらに、治療を始める時期が早ければ早いほど、

 

視力は劇的に回復するとも言われています。

 

 

ただし、通電治療を行っている眼科は、

 

数がとても少ないのが現状です。

 

 

近視と言うのは眼病ではないために、

 

ついメガネやコンタクトレンズでの矯正を、

 

勧めてしまう病院が多いからでしょう。

 

 

ですから、初期の近視に非常に効果があるといっても、

 

治療を行っているところを探すのが大変です。

 

これがデメリットの1つですね。

 

 

またその他のデメリットとして、

 

通電治療は保険が使えないと言うことです。

 

 

1回の治療にかかる費用は1,000円前後ですが、

 

数回の治療では効果が出ないため、

 

長い目で見れば費用もかさんでしまいます。

 

 

もちろん、効果には個人差があるので、

 

早く効果が出れば費用も安くなりますが、

 

こればかりはやってみないとなんとも言えませんね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル