近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


点眼薬を使った治療

 

近視の治療で、特に初期段階では

 

点眼薬を使うことがほとんどです。

 

子供の仮性近視にも、最初は点眼薬を使用します。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

近視の治療に使われる点眼薬は、

 

調節麻痺剤と調節改善剤があります。

 

 

調節麻痺剤は、夜寝る前に使い、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋を麻痺させます。

 

 

仮性近視や目が疲れたことで起こる近視に関しては、

 

毛様体筋が緊張している状態です。

 

 

そのため、調節麻痺剤を使うことで、

 

その緊張を取り除く効果があります。

 

 

ただし、調節麻痺剤は、緊張を取り除くともに、

 

近くの物が見えにくくなるため、

 

目を使わなくて良い時間、

 

すなわち眠っている間に使うのが適しています。

 

 

初期の近視であれば、点眼薬を一定期間使用することで、

 

視力が回復する可能性が高いと言われています。

 

 

また調節改善剤は、調節麻痺剤と併用して使うことが多く、

 

日中目が疲れたと感じたときに使用します。

 

 

こうした点眼薬は、生活習慣の改善と一緒に使用すると、

 

かなりの効果を発揮します。

 

 

もちろん、近視が進んでしまった場合には、

 

なかなか効果が得られません。

 

 

近視の治療で最初に行われるのが、

 

点眼薬だといってもいいでしょう。

 

 

点眼薬ですから、使いやすい、

 

刺激が少ないと言うのがメリットですが、

 

使用するのを忘れやすいと言うのがデメリットです。

 

 

費用は安く済みますが、

 

きちんと使わないと効果が得られませんから、

 

忘れずに使うことがポイントです。

 

 

子供さんの場合には、まかせっきりにせず、

 

親御さんがチェックするのもいいですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル