近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


日光不足

 

近視と日光不足はどんな関係があるのか

 

不思議に思う人もいるかもしれませんね。

 

実は私もその1人でした(笑)。

 

 

これはオーストラリアの研究者が、

 

東アジアの子供たちに近視が多い原因を、

 

日光に当たる時間が短いためと発表したのです。

 

 

日光を浴びると、体の中でドーパミンと言う

 

脳内化学物質が放出されます。

 

 

このドーパミンの放出が、眼球が伸びて焦点が合わなくなる症状、

 

つまり近視の状態を防ぐと言うのです。

 

 

実際にオーストラリアの子供たちが外に出て、

 

日光を浴びる時間は約3時間です。

 

 

それに比べて近視の多いシンガポールでは、

 

約30分と言うのですから、

 

日光不足は近視に大きく関係している証拠と言えるかもしれません。

 

 

オーストラリアでは近視の子供が約10%で、

 

シンガポールは約70%以上と言うのですから、

 

なるほどと思わされますよね。

 

 

しかも、アフリカでは近視の子供が

 

約2%と言うのですから納得です。

 

 

研究者たちは、「外に出て日光を浴びてさえいれば、

 

近視になる可能性はかなり低い」と言っているのですから、

 

日本でも試してみるといいですね。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

子供のうちは、勉強と遊びをしっかり区別して、

 

遊べるときには外で思い切り遊ぶことが、

 

目にも良い影響が出るのですから、

 

子供らしい生活をすることが大切です。

 

 

もちろん、これは子供たちにだけ効くのではなく、

 

大人に対しても同じことが言えます。

 

 

外に出て仕事をするのは難しくても、休憩時間には外に出て、

 

日光を浴びることは、目を休ませることにもつながりますね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル