近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


長時間パソコンやゲームをする

 

長時間パソコンやゲームをすることは、

 

近視になる可能性が非常に高いです。

 

 

以前は子供の仮性近視も、暗いところで本を読む、

 

勉強するときに細かな字をじっと見るなどが原因と言われていましたが、

 

最近では、ゲームやパソコンのやりすぎが多くなってきています。

 

 

ある程度の年齢になれば落ち着くと言われていた視力の低下が、

 

大人になってからも近視になる人が増えてきているのは、

 

パソコンの使用時間が関係しているといっていいでしょう。

 

 

今ではほとんどの会社にパソコンはありますし、

 

自宅でも使っている人は、かなり多いと思います。

 

 

私も経験がありますが、

 

パソコンを使っているとつい集中してしまって、

 

目を休ませることを忘れてしまいます。

 

 

本来なら仕事でパソコンを使っている場合、

 

1時間に1回は目を休ませなければならないのですが、

 

仕事に集中してしまうと、それもできませんね。

 

 

パソコンの画面は、そんなに小さいわけじゃないし、

 

ゲーム機に比べれば、目に負担がかからないのでは?

 

と思うかもしれません。

 

 

ですが、目にかかる負担は、

 

どちらもあまりかわりがないのです。

 

 

しかも、どちらも長時間集中しやすいですし、

 

ほとんど眼の動きはありませんから、

 

目の筋肉が緊張しているのは間違いないでしょう。

 

 

いまや近視は子供のうちにかかりやすいのではなく、

 

年齢を問わずかかってしまうと考えておいたほうが無難ですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル