近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


運動不足

 

近視は目の症状なのに、

 

どうして運動不足が原因なの?

 

と思う人は、意外に多いのです。

 

 

運動不足と言うと、体を動かすイメージが一般的ですが、

 

近視の原因としての「運動」とは、目をよく動かすことです。

 

 

つまり、ここでの「運動不足」は、

 

目の運動を指しているわけですね。

 

 

私たちの目は、たくさんの毛細血管が張り巡らされています。

 

目を動かすと、その血管の流れが良くなります。

 

 

血流が良くなれば、目に必要な栄養や

 

新鮮な酸素が行き渡りますから、

 

目の働きも良くなります。

 

 

また、目の部分だけでなく、

 

足の運動をすることで体全体の血流も改善します。

 

 

目と足は非常に離れていますが、離れた部分での運動が活発だと、

 

血行も良くなりますから足の運動は重要だと言えます。

 

 

特に激しい運動ではなく、

 

足の裏を刺激するだけも効果は抜群です。

 

 

では、目の運動と言うと、

 

目を使えばいいのかと思いがちですが、

 

そうではないのです。

 

 

テレビやパソコンなど、一つの物をじっと見続けると、

 

目は使っていますが、動かしてはいませんね。

 

 

1点をずっと見ていることは、運動をしているのではなく、

 

水晶体の厚さをコントロールしている筋肉が、

 

ずっと緊張したままになっています。

 

 

筋肉は緊張したままの状態を続けていると血行も悪くなりますし、

 

元に戻りにくくなります。

 

 

目の運動とは、近くを見た後に遠くを見るなどして、

 

筋肉を動かすことがポイントです。

 

 

また、近視になり始めたときに行う、

 

目のトレーニングも効果的です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル