近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


暗いところで目を酷使する

 

視力の低下として最近多くなっているのが、

 

暗いところで目を酷使することです。

 

 

目を酷使すると聞くと、目がものすごく疲れるまで物を見る、

 

細かな字ばかりを見続けると言うイメージがありますよね?

 

 

「酷使=ものすごく使う」と言う意味ですが、私たちの意識の中で、

 

目を酷使すると言う意味を勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

 

 

子供の仮性近視でよくあるのが、

 

ゲームやテレビを夢中になって見続けることですが、

 

これも実は目を酷使しているのです。

 

 

テレビを観ている本人は、楽しくて仕方がないのですから、

 

目が疲れていると言う感覚はありません。

 

これはゲーム機にも同じことが言えます。

 

 

大人の場合には、仕事でパソコンを使うときに、

 

ろくに休憩時間も取らず使い続けてしまうと、

 

視力が低下しやすくなります。

 

 

仕事に一生懸命なのは良いですが、

 

細かな文字や液晶画面をずっと見ていると、

 

目は常に緊張したままになっているので休む暇がありません。

 

 

視力低下はある程度の年齢になれば

 

落ち着くと言われていたのは以前の話です。

 

 

パソコンを使う人が増えてから、

 

年齢に関係なく近視になる人が増えたのは、

 

目を酷使している機会が増えた証拠でしょう。

 

 

また、目を酷使しているときの環境も問題です。

 

 

特に暗い部屋で目を酷使していると、

 

明るい部屋で目を使っているときよりも、

 

目にかかる負担ははるかに大きくなります。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

できるだけ明るさに気を配り、

 

物を見続ける時間を短めにすると、

 

かなり近視の予防ができるはずです。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル