近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


目の打撲

 

近視は目の使いすぎが原因であることがほとんどですが、

 

中には例外もあります。

 

 

それが目の打撲、つまり目に外部から衝撃が加わることです。

 

目の中の血管は、毛細血管ですからものすごく細いものです。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

外部からのちょっとした衝撃で、

 

その血管が破れてしまい、出血することもあります。

 

 

ですから、自分としてはそんなに強く打ちつけた感じはしないのに、

 

視力が落ちてきたので眼科に受診したら、

 

打撲であると言われて驚くケースもあります。

 

 

目がかゆくてこすり過ぎただけでも、

 

毛細血管が破れて出血することもありますから、

 

強い衝撃ともなると出血も酷くなるかもしれません。

 

 

目の周りは骨で覆われているので、

 

打撲をしても比較的守られる部分は多いです。

 

 

ですが、眼球の周りの組織に打撲によるダメージがあると、

 

眼球の動きや視力に弊害が出るのです。

 

 

打撲による視力の低下は、軽いものであれば数時間で回復しますが、

 

ダメージが大きい場合には、外傷性白内障などが起こります。

 

 

こうなると、視力の低下だけでなく、眼球全体の治療が必要になるので、

 

目を打撲したときには、早めに眼科を受診することが無難です。

 

 

眼科を受診すれば、眼底検査や角膜の検査などが行われ、

 

詳しい目の状態がわかりますから安心です。

 

 

目の打撲は、痛みや腫れが無ければ、

 

とりあえずはなんともないと思われがちです。

 

 

ですが、実際にどんなことが目の中で起こっているかは、

 

専門家でなければわかりませんから、

 

そのままにしないことが大切ですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル